唾液

妊活で知っておきたい周期のこと

妊活をするなら欠かせないのが女性特有の内容である周期という内容があり、周期を把握する事で、しっかりと妊娠しやすい身体環境を作る事ができるようになっています。
女性特有の内容の周期ですが、4つの周期になり、卵胞期、排卵期、黄体期、月経期に分けられるのですが、この4つの周期について詳しく見てみましょう。

まずは卵胞期ですが、一番体調のいい時期とされており、この時期に運動をする事でダイエットしやすいとされています。
卵胞期の身体の対応としては、卵巣が卵胞をしっかり熟させて、卵子を作るという対応をしています。

次に排卵期ですが、妊娠がしやすい時期とされており、妊活の中でも一番理想的な時期になります。
排卵期の身体の対応としては、卵巣で熟した卵子は排卵され、卵管を通って子宮に向かって進んでいきます。

次に黄体期ですが、身体と心の両面で、不安定になる時期だとされています。
黄体期の身体の対応としては、受精卵が着床する事を予想して、子宮を覆っている内膜が厚くなります。

最後に月経期ですが、一番女性の調子が悪くなる時期になり、イライラや頭痛等、身体の調子が悪くなる重い時期になります。
月経期の身体の対応ですが、受精が行われない場合、今までの段階で作成された卵子が使用されないので、血液と一緒に外に出されます。

このようの女性の身体の中では周期に沿って対応されるので、その周期を把握する事が妊活を有利に進められます。